2018/03/06沖縄へ

こんにちは、須々木です。

先週、無添加住宅ブロック会で沖縄へ行ってきました。

通常は、各エリアのブロックごとで定例会議をしているのですが、

今回は、九州沖縄と中四国、関東の一部の代理店が集まり、

合同で開催!!

 

沖縄県の無添加住宅代理店

サイアスホームさんへ。

沖縄はRC(鉄筋コンクリート)の平屋建が多いのですが、

今回はRC二階建てのリノベーションモデルハウスと

RC平屋建ての新築モデルハウス、

そして、沖縄でも徐々に増えてきている木造モデルハウス

を見学させていただきました。

 

平屋建てモデルハウス外観

サイアス平屋RC_R600

外構もとってもおしゃれ。

サイアス平屋 外構_R600

外をぐるっと回っていると、

お~ 漆喰の塀の下はクールーフ(天然玄昌石)で泥跳ねをガード!!

石敢當_R600

そして、これは・・・?

「石敢當」と言われるもので、丁字路や三叉路などに

魔除けとして置かれる石碑です。

 

そして、木造二階建てのモデルハウス。

サイアス木造_R600

二階建てリノベーションモデルもだったのですが、

1階から2階への階段の段数が多い・・・!!

RCは木造に比べ、1~2階間の高さが高いので、

階段の段数も多いそうで、最低でも16段。

木造モデルハウスもRCと同じ高さで設計されたので、

18段ありました!!

 

その後はサイアスホームさんから様々なお話(詳しくは言えない)を

お聞きし、今後コラボハウスでも取り入れていきたい取り組みがあり、

とても為になりました。

 

サイアスホームの皆様、準備から大変だったと思いますが、

ありがとうございました!!

 

二日目は、沖縄の建築を見て回りました。

まずは、名護市役所

名護市役所1_R600

まるで、ラピュタの世界です。

 

もちろん、シーサーいます。

名護市役所2_R600

 

 

そして、中村家住宅(国の重要文化財)

中村家住宅1_R600

ここにもシーサー。

中村家住宅2_R600

あれ?シーサーは「あ、うん」で2体でセットでは?

売店の方のお話によると、本来は1体とのこと。

元々シーサーは家を建てる時に余った漆喰で魔除けとして作られたもので、

屋根の上に乗せていたのですが、このような屋根が少なくなり、

フラットの屋根(学校とかマンションとかの屋上みたいにまっ平な屋根)が

増えてきたそう。

 

で、門柱のところに置くようになったので、一つでは見た目も悪いので、

2本の門柱の上に置くようになり、2体になったとのこと。

ほお~~ そうだったのか。

 

中村家住宅3_R600中村家住宅4_R600

中村家住宅、非常に風通しが良く開放的です。

 

こちらは、ねずみ返し(ねずみが屋根に登ってこられない)

中村家住宅5_R600

台所は板の間の部分が天井がやけに低いですが、

屋根裏部分を物置に使っていたため。

Uk4ygpj0X4SbYUW1520345121_1520345128 中村家住宅6_R600 中村家住宅7_R600

 

 

続いて、中城城跡(世界遺産)

中城城跡1_R600

 

こちらは千と千尋の神隠しのような・・・

中城城跡2_R600

「トンネルの向こうは・・・」

 

中城城跡3_R600

格好つけバージョン

 

中城城跡4_R600

 

最後は、聖クララ教会(事前に許可済)

「日本における近代建築100選」です。

聖クララ協会_R600

これだけのステンドグラスだと圧巻です!!

 

今回の沖縄では、岡山と全く違った風習、建築を見ることができ、

刺激を受けました。

これを仕事に活かして、少しずつレベルアップしていきたいと思います。

無添加住宅の皆さん、代理店の皆さん、お世話になりました!!