安全で快適な住空間を実現する住宅性能

コラボハウスでは、高気密・高t断熱住宅仕様で、住まう人が何世代にもわたって快適に暮らせる家づくりを行っております。
高い住宅性能を実現するためのこだわりの仕様を各項目でお確かめください。

コラボハウスでは、北海道の寒さにも対応する県内トップクラスの断熱・気密性能を実現しています。それぞれのこだわりをクリックしてご確認ください。コラボハウスでは、北海道の寒さにも対応する県内トップクラスの断熱・気密性能を実現しています。それぞれのこだわりをクリックしてご確認ください。

一般的な家はこんなに熱が逃げています!

断熱の重要性

冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものが約半分。つまり、冬を暖かく過ごすには、開口部から逃げる熱を防ぐ「断熱」が重要です。

屋根

断熱性・気密性・通気性に優れた屋根

断熱 断熱

[ 断熱 ]

屋根断熱
真夏の屋根部分の温度は日射で60℃~70℃ を超えると言われております。断熱材がない場合、熱が躯体に伝わり天井が加熱されることで冷房の効果が低減してしまいます。また、冬は屋根面が放射板となってしまうため温かい空気が逃げてしまいます。一般的に多くの会社が、屋根・天井部分を断熱する方法として天井断熱を採用しております。しかし当社では、天井断熱よりも省エネ効果・結露防止性能がはるかに高い屋根断熱を標準仕様にしております。その上で結露などが起きないよう、通気にもこだわっています。

使用可能な断熱材一覧についてはこちら使用可能な断熱材一覧についてはこちら

[ 通気 ]

ルーフスペーサー
屋根通気層は住宅の耐久性と快適性向上のためには非常に重要な役割を果たします。屋根面は暑さ・寒さの影響を直接受けやすく寒暖の差が激しい過酷な部位です。通気層を保持するための材料として必要な強度はもちろん、耐熱性、耐湿耐久性、透湿性が高いPET不織布を独自の形状で成型した「ルーフスペーサー」を使用しています。この建材は非常に細かい通気層で例え雨水などがかかっても、表面張力により侵入を防ぐことができます。
軒先通気部材(イーヴスベンツ585)
夏は熱を、冬は冷気を溜めやすい子屋根裏・屋根裏の通気性を向上させるために使用。軒天の周囲を全方位に設けることで、どの風向きにも対応し、美観を損ねず換気量を確保できます。
棟通気部材(リッチベンツ)
暑くなった空気は、上昇し暑い空気の層を形成します。
小屋裏の湿気や熱を効率良く排出し、住宅の耐久性向上を図るため、「リッチベンツ」を使用し、棟換気を行います。

Q値

北海道並みの高気密・高断熱性能を証明 

Q値って知っていますか?
最近は断熱材をしっかり施工した「断熱性能の高い家」が増えてきましたね。
でも一口に断熱性能が高い、と言っても各住宅会社ごとにやっていることは様々、具体的にどれくらいの性能なの?
どれくらい快適なの?・・・そこで目安になるのが「Q値」。
例えば、一言で「燃費のいいクルマ」と言っても分かりづらいですよね。その燃費の良さを具体的に比較できる、○○km/Lと言った数値があるように、断熱性能の高さを表すための数値が「Q値」です。これからの快適な家づくりの指針になる基準値です。
コラボハウスでは、Q値計算(冷暖房負荷計算)を行い、算出した数値に見合ったご提案を致します。

「Q値」は、住まいの保温性能を示す目安の値。熱の逃げにくさを表しています。「Q値」は、住まいの保温性能を示す目安の値。熱の逃げにくさを表しています。

冬の場合冬の場合
室内の温度が屋外よりも高い場合、熱エネルギーは住宅の壁や天井(屋根)、床、窓や玄関など、あらゆる場所から逃げていきます。それを防ぐため、室内空間をすっぽりと包みこむように、断熱材で覆ってしまうのが断熱化です。断熱化には、いくつかの工法がありますが、基本的には人が使う室内空間を隙間なく覆うことです。魔法瓶のようにすることで、少しの暖房エネルギーで家中が暖まるという訳です。
夏の場合夏の場合
外からの熱の侵入を防ぎ、冷房を効きやすくすることができます。真夏は2階の部屋が暑くて居られないというお宅はありませんか。天井の断熱と窓の日射遮蔽をしっかりすれば、こうした状況は避けられます。毎日、暑くなった部屋をエアコンを使って普通に過ごせる温度に冷やしても、エアコンを止めるとすぐにまた暑くなるならば「Q値」が大きい、つまり熱が逃げやすく、入りやすいということを示しています。

Q値の算出方法Q値の算出方法

これから新しく家を建てるには、この「Q値」が目標になります。これから新しく家を建てるには、この「Q値」が目標になります。

次世代省エネ基準に適合する住宅を建てるには、「性能規定」である“建築主の判断基準”によるか、「仕様規定」である“設計及び施工の指針”に沿って建てることになりますが、「Q値」を目安にした場合、同時に「気密性能基準」である“相当隙間面積の基準値”と“夏期日射取得係数の基準値”を、地域区分に応じて満たす必要があります。(その他の留意事項も共通して満たす必要があります。)これが「次世代省エネ基準に適合する住宅」の建て方です。住まいの保温性能を表す「Q値」は住宅の省エネルギーにおいて最も重要な指標であると言えます。

次世代省エネの「Q値」の基準値

住宅の各性能基準は、地域差を考慮して日本列島をI~VI地域に区分し、性能値が決められています。更に、同一地域区分内においても気候が異なる地域については、市町村単位で地域区分が異なります。熊本IV・宮崎V・鹿児島V地域においても地域によっては、IV~V地域に分類されている所もあります。

遮熱高断熱LOW-Eガラス+高性能樹脂サッシ

熱を逃がさず、断熱性能を高める高性能窓ガラス+樹脂サッシが標準仕様

「Low-Eアルゴンガス入りガラス」は、断熱性能を向上させたガラスをペアガラスにして、中間層(空気層)にアルゴンガスを入れた窓ガラスです。
アルゴンガスは、乾燥空気に比べ1.5倍も熱を伝えにくく、かつ安全な気体と言われています。
空気中にも存在する気体で、空気中では二酸化炭素よりも多く存在しているほどの気体です。Low-Eペアガラスだけでも十分な断熱性能を持っていますが、中間層にアルゴンガスを入れることにより更に断熱性能が高められます。また、熱伝導率がアルミの1/1000と言われている高性能樹脂サッシを使用するので、冬でも結露を起こしません。さらに10年保証付きで安心です。

W断熱(充填断熱+外張り断熱)

コラボハウスは「W断熱」で、結露の起こらない安全で快適な室内環境を実現します。

■W断熱の構造■W断熱の構造

「充填断熱」
建物の柱と柱の間に断熱材を入れる方法です。
断熱材を厚く入れることができるので、断熱性が高いという利点がありますが、柱部分は断熱できないため、隙間ができやすく室内の暖かい空気が入り込み壁内結露を起こす可能性があります。
「外張り断熱」
建物全体をすっぽりと断熱材で囲むことによって、大事な柱を守り室内を一定の温度や湿度に保つことができます。室内側の空気の影響を受けないので壁内結露を防ぐことができますが、断熱材が薄く、断熱性が低いという欠点があります。

コラボハウスでは、「充填断熱」と「外張り断熱」の両方の良い所を取り入れる事によって生まれた「W断熱」工法で断熱を行います。外張り断熱と充填断熱の利点を活かし欠点を補うW断熱工法が住まいにとって最適な工法と言えます。

使用可能な断熱材一覧についてはこちら使用可能な断熱材一覧についてはこちら

基礎断熱(パフォームガード)

気密断熱性能はもちろん、耐久性にも優れたコラボハウスの基礎断熱

外断熱を兼ね備えた防蟻断熱材を使用
基礎外断熱に使用する断熱材は、人体に無害な無機質(ホウ酸系化合物)な物質を均一に含有させる技術を用いて作られた断熱材「パフォームガードを使用します。ホウ酸系化合物が含有されているので、摂取したシロアリはエネルギー代謝が出来なくなり、餓死します。つまり断熱材内部を蟻道とすることができません。また、「パフォームガード」は成分の自然分解がないため人体や自然に害を及ぼすことがありません。さらに、シックハウス対策規制対象外建材なので、ホルムアルデヒドなどの有害物質の発生もなく健康や環境に配慮した建材です。
天端リスト
基礎と土台の間には日本住環境株式会社の「天端リスト(土台用気密パッキン材)」を施工。耐候性に優れ発泡基材の復元により基礎と土台の隙間を気密に保ち、木材の乾燥収縮による隙間にも追従し、気密性の劣化を抑制します。 高密度パッキンを採用、また中空構造にすることで、高い気密性・防水性・耐久性を実現します。