シックハウスについて

Q1
シックハウス症候群とは何ですか?
A1
住まいの建材などが出す揮発性化学物質を空気といっしょに吸い込んでしまい、それに身体が拒絶反応を起こす状態のことです。目がチカチカする、頭が痛い、身体がだるい、吐き気がするなどの症状が現れます。
Q2
シックハウス症候群が進むとどうなりますか?
A2
シックハウス症候群が更に進行すると、「化学物質過敏症」という病気になります。
シックハウス症候群は化学物質過敏症の前段階なのです。
Q3
化学物質過敏症とは何ですか?
A3
身体が化学物質に対してひどく敏感になります。例えば、香水・整髪料・芳香剤などにも反応してしまい、会議にさえ出席できなかったり、スーパーの売場の匂いに気分が悪くなったり、お隣の洗濯物を干す臭いで呼吸不全を起こしたりします。普通の生活すら送れなくなるほど恐ろしい病気です。

Q4
どんな人がシックハウス症候群にかかりやすいのですか?
A4
誰にでもシックハウス症候群にかかる可能性はあります。「今まで平気だったから大丈夫」と安心はできません。突然症状が出ることもあります。なぜかというと、誰にでもある程度までなら許容できる範囲をもっているからです。この許容範囲には個人差があります。同じ家に住んでいても症状の出る人と出ない人がいるのです。今は、平気でも、じわじわと確実に身体に蓄積され、様々な症状を併発します。
Q5
シックハウスから身を守るにはどうすれば良いのですか?
A5
シックハウス症候群の原因のほとんどが接着剤に含まれる化学ノリだとわかってきました。そこで「無添加住宅」では、化学ノリをいっさい使わない家を建てることができないかと長年研究を重ね、ついに、身体に良い無添加の家を完成させました。あなたの「住まい」安全ですか?